Twitterでパパ活はやめた方が良い

人気アプリ・サイト

人気アプリ「paters」。これをインストールしておけば間違いない。

パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」

人気のおすすめ交際クラブ

男性用:ユニバース倶楽部

女性用:ユニバース倶楽部

Twitterでパパ活をしようと思っている人は多いでしょう。

しかし、Twitterを利用したパパ活はあまりおすすめしません。男女ともにデメリットがあります。

今回はその理由を説明しようと思います。

相手の顔が見えない

Twitterでは、顔出しでパパ活をしている人は多くありません。パパ活専用アプリのような閉ざされた空間ではなく、全世界に開かれているからです。

誰に見られるか分からないTwitterで、顔出しができる人は限られています。

会ってみたら、見るからにヤバイ人だった…。なんてことがあるかもしれません。

Twitterでは相手の情報が少ない

顔写真だけではなく、出会うために必要な情報が少なすぎます。

年収は?住んでいる場所は?どれくらいマッチングしているのか?

アプリとは違って、このような情報が得られないの場合がほとんどです。

DMでいちいち相手の情報を聞き取りするのは、とても手間です。

Twitterはたくさんアカウントが作れる

Twitterというのは複数のアカウントを作ることができます。

そのため、何か詐欺をしたとしても、一旦アカウントを削除して、すぐに復活することができます。

Twitterには本人確認・年齢確認がない(男性のリスク)

パパ活専用アプリを使うには、身分証明書を提示して本人確認・年齢確認をする必要があります。

パパ活は、お金を渡して女性と会うというものなので、18歳未満の女性と会うと犯罪になってしまうのです。

18歳かどうかを知らなかったとしてもです。

Twitterのアカウントの中には、18歳未満の女性になりすました警察もいると聞きます。18歳未満の女性に援助交際を持ちかければ、そのまま御用となってしまいます。

男性側としては、年齢が分からない女性と会うのはリスクが高いのです。

本人確認というのは悪事を働く時のハードルになるので、パパ活アプリの方がリスクが低くなります。

もちろん、パパ活アプリにもたくさんの危険は潜んでいますが。

貧乏男が多い(女性のデメリット)

Twitterはお金を払う必要がなく、誰でも利用できます。貧乏人でも利用できます。

一方パパ活アプリは、男性は月額10000円の有料会員にならないとメッセージのやりとりができません。

高い月額料金は、貧乏人を排除する仕組みになっているのです。

お金に余裕がある人とマッチングしたいのなら、専用のアプリを使った方が早いです。

Twitterには業者がウヨウヨしてる

Twitterと見ていると、業者っぽいアカウントを頻繁に目にします。

女性には高額な手当てを、男性には大人の関係をチラつかせて釣ろうとしているようです。

ここまであからさまなアカウントだけではなく、巧妙にパパ活女性や男性を騙そうとしている業者も多いでしょう。

アプリにも業者はいますが、通報機能と運営の監視があるので、ある程度抑制されています。

Twitterのやりとりを監視している人はいないので、業者はやりたい放題になってしまうのです。

アカウント凍結の可能性

Twitterでパパ活をしていると、アカウントを凍結されることもあるようです。

約束して会う直前に凍結しちゃうと、困りますよね。メッセージのやりとりができなくなってしまいます。

また、過去のメッセージも見れなくなるのも困ります。

パパ活には専用アプリを使おう

パパ活をするなら、専用のアプリを使うのが一番です。

私が使っているのが、patersというアプリです。

パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」

アプリのメリット①目的が明確

Twitterをパパ活目的で使っている人というのは、ごく一部です。

専用アプリなら、ほとんどの人がパパ活目的で利用しています。たまにパパ活を理解していない人もいるですが。

目的が明確なので、条件の交渉がとてもスムーズに進みます。

アプリのメリット②顔出ししてる人が多い

Twitterに比べると、アプリの方が顔出ししている人が多いです。

顔が分かるので、自分が希望する容姿の人と出会うことができます。

女性もお金がもらえるからと言って、どんな見た目でもOKとは限らないでしょう。

最低限の容姿は求めるはずです。

アプリのメリット③年齢確認必須

パパ活アプリを使うには、身分証明書を撮影して年齢確認をしなくてはいけません。

年齢確認必須なのは、特に男性としては嬉しいと思います。

18歳未満の女性と出会う心配がないので、安心してマッチングすることができます(もちろん、100%安全ということではありません)。

アプリのメリット④高収入男性が多い

こちらは女性のメリットですね。

パパ活アプリの多くは、男性は月額10000円の有料会員費がかかります。

お金に余裕のない人は利用できないので、高収入な男性が集まりやすくなります。

男性としても、余計に男性会員が増えると困るので、月額料金が高いのはメリットです。

一方、女性は無料で利用できます。

アプリのメリット⑤検索機能が便利

Twitterでパパやパパ活女性を検索するのは、とても面倒です。どこに住んでいるのかも分かりません。

パパ活アプリなら住んでいる場所や、女性がきにするであろう男性の年収を検索条件に指定することができます。

検索にヒットした人に「いいね」をすればいいので、どこに住んでいるのか、年収はどれくらいなのかをわざわざ確認する必要がありません。

まとめ

ここに書いたように、Twitterでのパパ活はあまりおすすめできないです。

せっかくパパ活専用のアプリがあるのですから、そちらを利用するのが一番です。

アプリが利用できない人というのは、ほとんどが訳ありだと思った方がいいでしょう。18歳に満たない女性や、お金のない男性かもしれません。

このような怪しい人と会わないためにも、専用のアプリを使って効率的にパパ活をして下さい。

他にもこんな記事があります。

パパ活アプリですぐにLINEを教えてはいけない理由

5月 30, 2018

【女性向け】パパ活のメリット・デメリットについて

5月 27, 2018

パパ活男性側の年収はどれくらい?

5月 25, 2018
人気アプリ・サイト

人気アプリ「paters」。これをインストールしておけば間違いない。

パパ活するならオンライン交際クラブ「paters(ペイターズ)」

人気のおすすめ交際クラブ

男性用:ユニバース倶楽部

女性用:ユニバース倶楽部

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です